Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2007年05月17日

とても貧乏でした 〜子供の頃 episode6〜(回想録)

1971年に今の実家がある場所に引っ越した。
それまでは林の中にある小さな長屋の家に暮らしていた。

私が少年の頃の我が家はとても貧しく、ぎりぎりの生活をしていた。
子供心に「ウチは貧乏なんだ」と認識して暮らしていたと思う。
小学生の頃は、近所の友達がアイスクリームやチョコレートなどを買い食いしていても、私だけは指をくわえて見ていた。
小遣いがなくて買えなかったのだ。

チョコレートなんぞは高嶺の花だった。
あまりにもチョコレートに対する憧れが強くて、お菓子の家の夢をよく見たものだ。
いつかはチョコレートを腹いっぱい食べてみたいと本気で思っていた。
今でもたまに気が狂ったようにチョコを食べてしまうのは、この貧乏な幼児体験のせいだと思う。

また、両親が郵便局に勤めていたこともあって、無駄遣いせず貯金をするようにしつけられた。
小学校1年生の時には、お年玉を合計で1700円、2年の時には1900円もらったのを覚えているが、1円も使わずに全部郵便局の定額貯金に預けて、それが満期になるまで10年間預けた。
今から思えばあまりにも小さい金額で、貯蓄としての成果はほとんどなかったが、無駄遣いをせずに我慢する習慣が身についたと思う。

サラリーマン時代にこつこつと貯金をして、独立資金1000万円を貯めることができたのも、両親のこうした教育のおかげだと思っている。
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪