Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2008年01月17日

ワイパーってありがたいものです 〜中古車回想録(5)

学生時代、車の修理代はあまりにも高すぎると思った。

おそろしいのは 『工賃』 だ。
部品代が数百円でも、工賃は数千円取られる。
自分で直せば部品代の数百円で済むところが、車屋に頼むと途端に数千円もかかってしまう。

だから学生時代は、車はなるべく車屋に持ち込まないことにしていた。
少々壊れていても我慢すれば車は走るものだ。

さて、その頃愛車ブルーバードUはワイパーの調子が悪かった。
最初は左のワイパーからおかしくなった。
頼んでもいないのに間欠ワイパーになるのだ。
気まぐれで動いたり、動かなかったり。

これくらいなんともない・・・

しばらく我慢していると、今度は右のワイパーも勝手に間欠ワイパーになってきた。
でも晴れていればそんなワイパー不調も全く気にならないものだ。(当然だが)

ワイパーブレードの交換なら数千円で済むが、ワイパー機構の修理となると数万円かかるだろう。
ここは我慢のしどころだ。

しばらくして、車で三重の田舎に帰省したときのことだ。
実家で過ごしたあと、私は再度東京に向かっていた。
そのときは東名高速の渋滞を避けるため、長野回りで中央高速を使った。
当時中央高速は甲府昭和インターから勝沼インターまでがつながっていなかった。
名古屋方面から走るといったん甲府昭和で一般道に降り、国道20号を通ってまた勝沼から高速に乗らなければならなかった。

私は甲府昭和で高速を降り、勝沼バイパスを勝沼に向かって走っていた。
すると、激しい雨が降ってきた。
当然ワイパーを動かした。
いや、動かそうとした。
が、調子の悪いワイパーはたまにしか動いてくれなかった。

まずい、前が見えない・・・

ワイパーが動く時は前が見える。
だが、ワイパーが止まったときは、激しい雨で前が全く見えなかった。

雨は激しい豪雨に変わった。
もう全く前が見えない。
急いでいたので、車を止めて雨をやり過ごすわけにはいかなかった。
私はしかたなく、窓を開けて頭を外に出して運転することにした。
これなら前は見える。
びしょぬれになるが。

たまにワイパーが動いたら、頭を車の中に引っ込めた。
しかしワイパーが止まったら、また頭を外に出すのだ。
びしょぬれになりながら、これを繰り返した。

勝沼インターに近づくと、やっと雨は収まってきた。
やれやれ。

いくら車の修理が嫌いといっても、ワイパーだけは必需品だ。
ワイパーが動かないと、とんでもない目に遭う。

ワイパーって、とってもありがたいものだとつくづく感じた。
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪