Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2008年02月19日

幻のハコスカGT−R 〜中古車回想録(8)

牛乳配達のバイトは結構給料が良かったので、車でも買おうかと考えていた頃のこと。

先輩のトラック運転手が、ハコスカGT−Rを売ってくれると言い出した。
ハコスカGT−Rと言えば、当時も今も幻の名車だ。
それも30万円だと。

さっそくその車を見に行った。
牛乳配達基地の駐車場にその「GT−R」は放置してあった。
車検が切れているらしい。

ドアを開けた。
シートはレカロのバケットシートだ。
車の中にはロールバーが入っていた。

エンジンをかけてくれと頼んだ。
すると先輩はスイッチをカチカチ言わせてエンジンをかけた。
キーを差し込んで回してエンジンをかけるタイプではないらしい。

乗ってみた。
すごい加速だ。
さすがGT−R・・・

と思ったが、実はただのハコスカ「GT−R」仕様。
つまり普通のスカGを改造しオーバーフェンダーを付け、「GT−R」に似せた車だったのだ。

しかし、見たこともないような太いタイヤに、シャコタン(今で言うローダウン)。
ソレックス、タコ足、デュアル。
爆音をたてて走り、見た目はGT−R。

これ、乗りたい!と思った。
強烈に魅力的な車ってあるもんだ。
とにかくカッコ良かった。

私はもう少しで買うところだったが、なんとか思いとどまった。

なぜ思いとどまったかというと、別の先輩運転手がアドバイスをしてくれたからだ。

その先輩が言うには、
 買っても車検は通らないぞ。
 リッター3キロは燃費が悪すぎる。
 スイッチでエンジンをかけるというのは、おそらく盗難車だからだ。


冷静に考えたら、かなりヤバイ車だった。
あぶない、あぶない。
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪