Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2012年05月01日

スリーイーグループ会社説明会「トップセミナー」より-21 〜スリーイーグループの社内行事について

 ◇スリーイーグループの社内行事について
 私たちは社内行事を大切にしています。毎月のお誕生会、ボウリング大会、バーベキュー大会などなど・・
 私たちの働く目的の第一は「みんなでみんなを幸せにする」ことです。仲間同士が分かり合い、信頼関係を築き、コミュニケーションを深めていくことにより、みんなでこの会社を盛り上げていきたいと考えています。
 みんなが家族のようにお互いがお互いの幸せを考えていきたい。だから私たちは従業員同士をスリーイーファミリーと呼んでいます。従業員同士がまるで家族のような関係で結ばれる「大家族主義」を私たちは目指しています。
 家族のような人間関係であることが、スリーイーグループの大きな特徴だと思います。

 

 

(つづく)

2012年05月01日

スリーイーグループ会社説明会「トップセミナー」より-20 〜フィロソフィ(経営哲学)について

 ◇フィロソフィ(経営哲学)
 次に私たちのフィロソフィについてお話しします。
 フィロソフィには「人間としてこういう生きざまが正しいと思う」ことが書かれています。それは私たちの判断基準であり、私たちの人生と経営の哲学です。
 私たちが持つフィロソフィ手帳には72項目のフィロソフィが書かれています。私たちはこれを全員がことあるごとに学び、価値観を共有しています。
 フィロソフィの72項目の内容は、心やさしいものもあり、また強く、厳しいものもあります。
 私たちが素晴らしい成果を上げるためには、どういう心構えでなければならないか。このような生き方で人生を送り、仕事をしていけば、ひとりひとりの人生も幸福になり、会社全体も繁栄するのか。
 そのような行動基準を示したものがフィロソフィです。


 フィロソフィをひとつひとつご説明するには大変な時間がかかりますので割愛させていただきますが、簡単に言いますとフィロソフィには大きく分けて二種類あると言えます。それを縦軸と横軸にするとします。
 ひとつは社是にもあります「利他」です。それは「愛」「やさしさ」「思いやり」と言い表すことができます。これを横軸とします。右側が「利他」、左側が「利己」です。それは「調和」の軸と言ってもいいでしょう。
 私たちはフィロソフィを学び、できる限りこの調和軸の右側の方、「利他」の方向へと自分自身を変えていこうと努力します。
 そしてもう一つが「進歩・発展」です。それは「努力」と言ってもいいでしょう。これを縦軸とします。上が努力です。下は怠慢です。下のほうが怠け者ということです。
 私たちはフィロソフィを学び、縦軸の上の方を目指していきます。努力の方向、進歩・発展する方向を目指すのです。
 以上のように、フィロソフィは大きく分けて二通りに分類されます。
 ひとつが「利他」、一つが「進歩・発展」です。それを横軸と縦軸に置くと四つのエリアができます。その右上のエリア、つまり「利他」でありながら「進歩・発展」を目指すのが私たちのフィロソフィです。

 

 代表的なフィロソフィをご紹介します。

11.高い目標をもつ

 高い目標を設定する人には大きな成功が得られ、低い目標しかもたない人にはそれなりの結果しか得られません。自ら大きな目標を設定すればそこに向かってエネルギーを集中させることができ、それが成功のカギとなります。明るく大きな夢や目標を描いてこそ、想像もつかないような偉大なことが成し遂げられます。
 スリーイーグループは、東証一部上場、売上1000億、経常利益率10%を目指します。そのためには、企業哲学、行動指針においても超一流のものが要求されます。
 それは経営者や従業員にとって、窮屈な厳しい生き方を要求するものになるかもしれません。また経営者と個々の従業員に自ら果たすべき義務が生じることも忘れてはなりません。


 「現状維持は退歩の始まり」です。私たちスリーイーファミリーは、全員が自ら主体となって未経験分野まで仕事を広げていかなければなりません。自らの限界を打ち破って、未開拓分野に挑戦することこそが、私たちの未来を築いていくのです。

 この「高い目標をもつ」は「進歩・発展」を目指すフィロソフィの代表的項目です。私たちは。特にこの「進歩・発展」を重視しています。
 スリーイーファミリーには心優しい人が多いです。仲間のこと、お客様のことを思いやり、利他の心で仕事をしています。しかしこの「進歩・発展」することが難しいのです。
 人間は誰しも新しいものを怖がってしまいます。仕事で新しいものに取り組むのは勇気が必要です。失敗したらどうしよう、と考えてしまいます。そうすると今やれることだけに取り組んでしまいがちです。
 しかし、「現状維持は退歩の始まり」なのです。日本は人口が減少し、不景気です。円高で経済状況も大変厳しいです。皆食べるのに必死になっています。
 そんな中で現状維持だけをやっていると、周囲の競争が激烈ですので、やがては競争に負けてしまいます。現状維持だけを考えていると没落を招くのです。
 これは個人でも同じです。このままでいいや、と努力を放棄していると、怠惰な人生になり、堕落し没落していきます。


 ですから私たちは「進歩・発展」を強く目指します。新しいことにチャレンジし、進歩・発展を目指すのです。高い目標を立て、困難を乗り越えながらつかみとっていくのです。
 フィロソフィの「進歩・発展」の軸がこれからの私たちには必要とされています。だからこそ、皆さんを募集して、いっしょに「進歩・発展」していきたいと考えているのです。

 

(つづく)

スリーイーグループ会社説明会「トップセミナー」より-21 〜スリーイーグループの社内行事について

2012年05月01日

スリーイーグループ会社説明会「トップセミナー」より-19 〜ビジョン(将来像)について

 ◇ビジョン(将来像)
 次は私たちのビジョンについてお話しします。ビジョンとは私たちの将来像のことです。
 私たちスリーイーグループは、ジャスダック上場、そして東証一部上場を目指しています。そして、その後売上1,000億円 1兆円(5月5日に上方修正)・経常利益率10%を成し遂げ、日本有数、世界有数の企業になることを目指しています。
 なぜこんなにも大きなことを目指すのでしょうか。それは、企業として成長発展することが、全従業員の幸せをつくる上で必須だと考えているからです。
 スリーイーグループが成長することで、働く皆さんの待遇をよくすることができます。新しいことに次々にチャレンジし、それぞれの従業員がスキルを高め、働くステージを上げていくことができます。
 せっかくこの世に生まれてきたのだから、大きなことを成し遂げたい。仲間とともに一生懸命働き、高い目標を持ち、数々の困難を克服してつかみ取ることの喜びを味わいたい。
 そんな充実した人生を送ることが、人として大切なことだと私たちは考えています。そのために会社としても大きなビジョンを掲げ、仲間とともに頑張っていこう。困難を乗り越えてつかみとっていこう。
 そのように考えて、私たちは高いビジョンを掲げています。

 

(つづく)

スリーイーグループ会社説明会「トップセミナー」より-20 〜フィロソフィ(経営哲学)について

2012年05月01日

スリーイーグループ会社説明会「トップセミナー」より-18 〜ミッション(社会的使命:3つのE)についてB 【E−business(電子商取引の推進)】

 【E−business(電子商取引の推進)】
 私たちは、企業間電子商取引のリーディングカンパニーとして未来へと進化します。

 皆様にお配りしたオフィネットのカタログをご覧ください。
 こうして私たちはたくさんの事務用品を取り扱っています。しかもその単価は数十円のものからあります。
 このような単価の低い商品に対して、取引を手作業で行うことはとても非効率です。もし手作業で行えば、わたしたちはいくら頑張っても手間ばかりかかって、事業としては成り立たないでしょう。
 またこれはお客様にとっても同じです。小額で多品種の取引を手作業で行うことは、お客様にとっても多大な労力がかかります。手作業による間違いも増えます。
 ですから、私たちにとっても、お客様にとっても、取引の電子化は避けては通れません。私たちは積極的に取引のインターネット化、電子商取引化を図り、売り手買い手双方の効率化を推進していきます。

 

(つづく)

スリーイーグループ会社説明会「トップセミナー」より-19 〜ビジョン(将来像)について

2012年05月01日

Move Fast And Break Things 〜ガンガン動いてドンドン壊せ〜 (元気が出る言葉)

 

Move Fast And Break Things (ガンガン動いてドンドン壊せ)

──フェイスブックのモットー

少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪