Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2007年04月06日

男ばっかり3人兄弟 〜子供の頃 episode2〜(回想録)

3人兄弟、男ばっかりの三男として生まれた。
長男とは5つ違い、次男とは2つ違いで両親が共働きだったので、子供の頃は兄達にこっぴどくやられた。

小さい頃は2歳、5歳違いといってもかなりの体格差だ。
だからけんかになったら、到底兄達にはかなわなかった。
親が働いている間にけんかになると、全く勝ち目はなかった。
押さえつけられたりした時は全く抵抗ができなかった。
幼い自分の心理としては、何度か「殺される!」と感じた。
当時は、大きくなったらきっと仕返しをしてやる!
と本気で考えていたものだ。

両親は郵便局員だったので、毎日帰宅が早かった。
5時半にはもう家に帰ってきていたように思う。
だから晩ごはんの食卓には、常に家族全員がそろっていた。
父も母も温厚で、今を思えばすばらしい環境で育てられたと思う。

だが小さい頃は、昼間両親がいなくて淋しい思いをしていた。
ある時そんな思いが高じて「共働きをやめて欲しい」と両親に発言してしまった。
両親は貧しい中から必死で共働きをして家族を支えていたのに、なんてひどい発言をしてしまったのかと今も悔やんでいる。
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13174101
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪