Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2007年05月08日

経営理念『E-business(電子商取引の推進)』への道 C

【4】基幹連動Webシステム稼動

インターネット時代の到来とともに、Web販売は順調に伸びていったのですが、私たちには大きな課題が残っていました。
それは基幹システムとの同期、つまりWebをリアルタイム化するという課題です。

当時、私たちのUNIXベースの基幹システムとWebサイトは別々に動いており、情報も別々に掲載していました。
そうすると、リアルな在庫情報がWebサイトに掲載できません。
商品自体の情報にもずれが生じます。
お客様からWebを通じて注文をいただいても、在庫ありと表示されている商品の在庫が実はなくて出荷できなかったり、Web上に表示されている商品が時間差で変わっていたり、お客様にご迷惑をおかけすることがたびたび生じてきました。

Webサイトの情報を生のホンモノの情報にしなくてはいけない。
基幹システムと連動した、リアルタイムのWebシステムを構築しなければいけない。

私たちは進むべき方向にまた、舵を切ることになりました。
2000年のことです。

その後1年半の開発期間を経て、2001年7月、新基幹システムとリアルタイムに連動するWebシステムが完成しました。
システム投資は約3億円。
非常に大きな負担でしたが、E-business、電子商取引を大きく推進するにはこれが避けて通れない道と判断し、社運をかけた投資を決断したのです。
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13179115
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪