Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2007年08月06日

徳は事業の基なり (元気が出る言葉)

徳は事業の基なり
−−菜根譚

経営者が学び得ないが、どうしても身につけていかなければならない資質が一つある。それは品性なのである。
−−ピーター・ドラッカー


最近、横綱朝青龍の行動に批判が相次いでいる。
腰の疲労骨折で夏巡業を休場しながら、モンゴルでサッカーの試合に出場していたというのだから批判は免れない。

そもそも相撲道は武士道から生まれており、横綱には「心・技・体」ともに極められた姿が求められるのだ。
いくら強かろうが、礼儀や品格を重んじる相撲の世界では通用しない。

一方、企業においても昨今不祥事が頻繁に話題に上る。
CSR(企業の社会的責任)やコンプライアンスが叫ばれているのだが、問題を起こす企業が後を絶たない。

今、企業においても、相撲道と同様に高い「心」の部分が求められている。
それは、「徳」あるいは「品性」とも表現される。

技や力を得たものが(企業で言うと規模が大きくなり利益が拡大したものが)同時に備えるべきもの、それが「徳」であり「品性」である。



この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13190738
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪