Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2007年09月19日

リーダーの原理原則 (元気が出る言葉)

人を治め天に事うるは、嗇に若くは莫し。
(ひとをおさめ、てんにつかうるは、しょくに、しくはなし。)
−−老子 第五十九章

為政者の最高の美徳は、なにごとにもつけ控えめに振舞うことである、という意味。

また、老子はこうも言う。

寵辱驚くが若し。
大患を貴ぶこと身の若し。

(ちょうじょく、おどろくがごとし。たいかんをとおとぶこと、みのごとし)
−−老子 第十三章

立派な人物は、賞賛されるにつけても批判されるにつけても、わが心を戒める、という意味。

つまり老子は、強者がその地位を維持するために必要な心がけとして、「周囲の反感を買わぬよう、常に慎重に振る舞い、決して慢心するな」と指摘しているわけだ。

二千年以上も前から、リーダーがリーダーたり続ける原理原則は変わっていないようだ。


この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13207198
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪