Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2007年10月05日

お歳暮配達のバイト 〜大学の頃 episode18〜(回想録)

全くもって、不公平で、理不尽すぎるバイトをやったことがある。

それは東京都府中市にある、ある運送会社でのお歳暮配達のバイトだった。

免許とりたてということもあって、車が運転したくてたまらなかった私は、少々バイト代が安くてもいいや!と思い、トラックが運転できるこのバイトを始めた。
大好きな車の運転ができて、バイト代ももらえるのは、まさに一石二鳥だ。
そのバイト代は、お歳暮を1個配達すると80円もらえるというものだった。

さあ、がんばって稼ごう!
配達するトラック一杯のお歳暮と、地図を渡されて、張り切って京王線聖蹟桜ヶ丘駅近くの配達エリアに向かった。

ところが、渡された地図はえらく大雑把なものだった。
配達エリアの細かな番地が載っていないのだ。
届け先の住所とその地図だけでは、どこに何さん宅があるのか、いくらさがしても見つからなかった。
当時はもちろんカーナビなんて便利なものはないので、これには参った。

こういうときは、トラックの存在自体も邪魔になってくる。
結局、トラックを置いて、徒歩で必死になってお歳暮の届け先をさがし回った。

まる1日かけて、へとへとになって働いたが、健闘むなしく、配達できたのは20個くらいだけだった。
結局、ほとんどの荷物を配達基地まで持ち帰るハメになってしまった。

悲惨なことに、1日働いて収入はたった1600円。

あとで聞いてみて、驚きのカラクリがわかった。

マンション・団地などの配達しやすいところは、全部ベテラン社員たちが独占していて、メチャクチャ配達しにくい「残りものの地域」が私たちバイトに与えられていたのだ。

マンション・団地などは、届け先が集中しているので、一箇所で数十個のお歳暮がいっぺんに配達できる。
これによって、ベテラン社員達は、苦労なくいとも簡単に給料が稼げるのだ。
そういう楽なところはバイトには一切回って来ないという、インチキバイトだったのだ。

1日かけて、へとへとになって配達した私はあまりにも愚かだった。
ホント、ひどい話である。
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13210272
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪