Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2007年10月10日

国境などないんだF 〜世界地図で読み解く各国事情〜

■北極を中心とした世界地図
  北極を中心とした世界地図をみると、ロシアとアメリカは意外に近いことがわかる。
  アメリカとソ連が一触即発の対立をしていたのも、この地図をみてみれば
  「ミサイルが簡単に届く距離だから」ということがわかる。
  
  さて、昨今の地球温暖化の影響で北極海航路が注目されている。
  北極海航路とは、その名の通り北極海を船で行く航路である。
  さすがに冬場は氷に閉ざされているが、地球温暖化の進行とともに、氷が溶けて
  通れる期間が長くなってきたのだ。

  今までは、日本からヨーロッパまでの航路は南回りだけだった。
  ところがこの南回り航路は、距離がやたらと遠い上に、途中のマラッカ海峡には
  恐ろしい海賊がいる。
  だから北極海航路が使えるとなると画期的なのだ。

  地球温暖化は人類にとって大きな脅威であるが、その副産物の北極海航路が
  とても有用だというのは、なんとも複雑な気持ちになる話だ。

■宇宙から見た地球
  地球を回る衛星から写真を撮り、つなげると世界地図になる。
  その地図を見ると、陸地のかなりの部分が砂漠であることに驚く。

  しかしその中でも、われわれの日本国は青々としている。
  豊かな自然と水に恵まれた美しい国なのだ。

  南アメリカ大陸のアマゾン流域に目を移すと、そこも青々としている。
  だが、最近は無秩序な森林伐採で砂漠化が進んでいるという。
  憂うべき事実である。

  さて、宇宙から見た地球には、普通の地図と違って「ないもの」がある。 
  それは「国境」だ。

  国境はもともとあったものではない。
  人間達が醜い争いの上に築き上げた「概念」なのだ。

  国境とは、人間の心の中の「壁」なのだ。

  本当は、国境などないんだ!

国境などないんだ 〜世界地図で読み解く各国事情〜 (おわり)
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13211204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪