Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2008年01月08日

リーダーシップの9つのC (1)

リーダーたちはどこへ行ってしまったのか?

好奇心旺盛(1-curious)で、独創的に富んだ(2-creative)、コミュニケーションの達人(3-communicator)はどこにいるのか?
人間性(4-character)にすぐれ、勇気(5-courage)と信念(6-conviction)を持ったカリスマ(7-charisma)は、力量(8-conpetence)と常識(9-common sense)を兼ね備えた人物は、いったいどこへ消えたのだろうか?

──リー・アイアコッカ


フォード社で成功し、クライスラー社をもののみごとに再建したリー・アイアコッカは、アメリカ産業界で伝説の経営者と呼ばれている。
彼は今、真のリーダー不在を憂い、その出現を待ち望んでいる。
彼のいう「リーダーシップに必要とされる9つのC」は、会社運営や国家の運営のみならず、いかなる組織や機関にもあてはまる。
順を追って紹介していきたい。

1-curious (好奇心)

リーダーは好奇心(curious)を持つことが求められる。
仲間内の「イエスマン」ばかりでなく、外部の人たちの声にも耳を傾けなければならない。
そして貪欲に新聞や本を読むべきである。
世界は広く、複雑な場所だからだ。

安全圏から踏みだして異なる意見に耳を傾けようとしないリーダーは、遅かれ早かれ、輝きを失う。
自分の考えを検証せずに、どうして自分が正しいとわかるのだろう。
他人の意見を聞こうとしないのは一種の傲慢である。
それはすべてを知り尽くしていると思っているのか、どうでもいいと思っているのかどちらかだ。
この記事へのコメント
2月のオススメ本 是非応援してください!
「図書館のすぐれちゃん」 あがさクリスマス/著 真珠書院ブックサービス

あらすじ

  『世界中のすべての悩みある生徒のみなさんと話し合いたい!』 (本文より)

  生徒たちとの心のふれ合い、日々笑いあり。
 何気ない疑問・質問に一言一言真剣に答えるすぐれ先生。
  高校の図書館長が立ち上げた大人気ブログサイト「図書館のすぐれちゃん」で
 交わされた、ちょっと頭にいい、目にいい話が満載(まんさい)です。



オススメポイント
  「図書館の…」というタイトルと通り、すぐれちゃんに寄せられる質問は
 「○○っていう本ありますか?」のように図書館でよくある質問から、
 市町村合併(がっぺい)や箱根駅伝についてまで、さまざまな質問に真剣に、
 そしてユーモアたっぷりに回答してくれています。
 「生協の白石さん」や「学食の黒澤さん」のように一問一答方式で内容もおもしろいので
 サクサク読み進んでしまうこと間違いなし。
 この一冊であなたも図書館の内側がちょこっとわかるかも。
 白石さんと黒澤さんが気になった方はゼヒ一緒にどうぞ。

 「生協の白石さん」
 「学食の黒澤さん」

Posted by 亀有 at 2008年02月05日 09:57
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13230198
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪