Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2008年01月25日

吾日三省吾身 (元気が出る言葉)

吾日三省吾身
(われ 日に みたび わが身を かえりみる)

──論語

卑怯な振る舞いをしてはいないか?
自分だけのことを考えてはいないか?
間違ったことをやっていないか?

目の前の利益に目がくらんでいないか?
自己保身を図っていないか?
責任を他人に押しつけていないか?

忙しさに、ただやみくもに仕事をこなすだけの一日になっていないか?
熱意を失っていないか?
やると決めたことを途中で投げ出していないか?

成功におぼれていないか?
横柄になっていないか?
傲慢になっていないか?

人として正しい道を歩んでいるか?

油断するとすぐに元に戻ってしまうから、反省は欠かせない。
この記事へのコメント
『子曰く、吾、日に三たび吾身を省みる
 人の為に謀りて忠ならざるか
 朋友と交わりて信ならざるか
 習わざるを伝えしか』

自分自身のことを省みることも絶対必要であり、そのこともこの孔子の言葉は含んでいると思いますが、孔子は、日々の人間社会生活の中で自己と同様に他己に対して“まごころを注いでいる自分であるか”、“人を大切にしている自分であるか”を特に省みている様に感じます。
Posted by 上河洋介 at 2008年01月25日 09:14
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13234593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪