Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2008年05月14日

不況は企業に「節」をつくる (元気が出る言葉)

今年は不況になることが予想されます。

サブプライム問題、原油高騰、食料の値上がりなどにより、

中国のオリンピックが終わる頃から、国内の景気は後退していくことが予想されます。

こういうときこそ、「不況に立ち向かう経営」 が求められます。

 

では、不況になったらどうするか。

その答えは五つあります。

 

@ 全員で営業すること

A 新製品開発に全力を尽くすこと

B 原価を徹底的に引き下げること

C 高い生産性を維持すること

D 良好な社内の人間関係を築くこと

 

不況は企業に 「節」 (ふし)をつくります。

不況のたびに企業は結束し、力を蓄えて節をつくります。

そして節ができるたびに、企業は強くなっていくのです。

──稲盛和夫

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13271615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪