Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2008年05月22日

輝くような未来が待っている (元気が出る言葉)

自分には輝くような未来が待っているのだ。

素晴らしく明るくて、幸せな人生が拓けていくのだと、

それをただ一点、建設的に、ポジティブに、前向きに思い、

明るく人生を考えなさい。

決して陰々滅々とした暗い思いを持ってはなりません。

──中村天風

 

絶対に大丈夫。

今の状況は克服できる。

こんなに努力しているじゃないか。

誰にも負けない努力をしているじゃないか。

 

必ず道は開かれる。

びっくりするほど、よいことがきっと起こる。

夜明け前が一番暗いというじゃないか。

 

一日一日を精一杯生きて、前を向いて進もう。

そうすれば必ず事態は好転する。

輝くような未来は、もうすぐそこに来ているはずだ。

 

 

この記事へのコメント
実際は、もっと複雑且つ広範囲であり、正確ではありませんが系統的なイメージは、どうも次のようになっているようです。孔子も老子も釈迦もそれ以前からあった考え方、史書をよく探求し、自分自身に問いかけ世の中の真理を追求した結果、儒教、道教、仏教の核を編み出したようです。彼らに共通しているのは、自分自身から何かを書いて文献に残すようなことを一切しなかったことです。(聖人と云われる人たちは、自己顕示欲等の利己心が全くなかったのですね。そんなことはどうでも良かったようです。)
稲盛さんは、勿論全てをご自分なりに深く解釈・咀嚼し、人生及び会社経営において生かされているようです。彼には、とても及びませんが我々も常に勉強しなければならないと思います。
それにしても、人間の社会は、1万年位前からあまり変わっていないことや真理は絶対不変であることをあらためて深く考えさせられます。

<儒教>
孔子→曾子→子思→孟子・・・・→朱子
               ↓
              王陽明・・→西郷
<道教>           U    U
老子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・U   頭山
                  U    U
<易経>           U・・・→中村 
                 U    天風
易学・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・U    U
<ヒンズー教>・・・・・・・・・・U    U
<仏教>            U    U
釈迦・・・臨済宗(禅宗)・・・ U     ↓
                    稲盛和夫
Posted by 上河洋介 at 2008年05月22日 09:31
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13275126
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪