Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2008年05月27日

永続企業の条件 (元気が出る言葉)

京都府政施行百周年記念として発刊された 『老舗と家訓』 には、家業永続の秘訣が次のように語られている。

 

1.名跡継承

 誉れある家名、家紋、のれんの永久継承経営学では、のれんのことをGOOD WILL(好意・信用)という。
 創業の精神、社会的使命観が高いほど、子・孫はそれを大切にして守り伝えようとする。
(反対に怠惰・朝寝・夜遊び・賭け狂いなどする者は、跡目相続人から外している)

2.祖先崇拝と信仰

 祖先の祭祀や神・儒・仏三教を大切にし、天地・国家・社会、君臣・親子関係は報恩感謝で貫くこと。

3.孝道

 孝は愛の至極、百行の基、万善の源であり、衆人に愛され、子孫の長久繁栄の根本である。

4.養生

 早起きこそ息災、養生のもとという。

5.正直

 金銀財宝は生活の手段に過ぎない。
 私利私欲なき正路な働きが根本である。

6.精勤

 六時には起き、天与地与の職分に励むこと。

7.堪忍

 客の性格を見抜き、気持ちよく応対すること。
 貧、欲、怒・身勝手・わがままはしないこと。

8.知足

 心の富者になり、心の貧者になるな。

9.分限

 超えるは驕り、及ばぬは吝嗇(りんしょく=けち)である。

10.倹約

 三食麦飯、一汁一菜を守ること。

11.遵法

 平和社会を守り、冥加冥利を与えてくれる御政道を遵守すること。

12.用心

 火の用心、盗人用心。

13.陰徳

 子孫長久の宝、天道冥加への付加。

14.和合

 主人は仁義に、主婦は慈愛に徹すること。

15.店則

 取引法・道徳の守り方・家族関係・奉公人関係から始め、人事関係・店内規則・役割分担・接客心得・販売仕入・生産・会計・その他衣食住細則に及んでいる。
 特に注目に値するのは、家計と企業収支の分類を厳しくしていることである。

 

 

今も昔も、経営理念・経営哲学の有無が企業の生死を決する。

また理念・哲学があったとしても、社内に浸透していなければ、やがて瓦解は免れないのだ。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13277233
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪