Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2008年05月28日

困難こそ偉大なる師 (元気が出る言葉)

汝に困難を与える者こそ、汝の最も偉大なる師である。

──第14世 ダライ・ラマ法王

 

大きな障害が目の前に立ちはだかったとき、

それに打ちのめされて、負けてしまうのか、

それとも歯を食いしばって戦い、乗り越えるのか。

それによって人生の展開は大きく変わってくる。

 

困難をただ困難と思ってはいけない。 

災難をただ災難と思ってはいけない。

嘆いていてもしかたがない。

自分の運命を恨んでも、他人に転嫁しても何も解決しない。

 

困難に直面した時、

「これは与えられた試練だ」

「慢心していた自分に対する警鐘だ」

と考えるのだ。

もういちど謙虚に反省し、

日々をド真剣に生きることによって克服していくのだ。

 

いちばん困難なとき、

あるいは自分に苦しみや困難を与えてくれる人、

与えてくれる事柄、

これらこそ偉大なる師である。

 

目の前の試練には、逆に大いに感謝し、

ポジティブな気持ちで乗り越えていこうではないか。

この記事へのコメント
「慢心していた自分に対する警鐘だ」


『それ人心の病は、満より大なるはなし』
−中江藤樹−

中江藤樹は、“満”を敢えて“慢”にしなかったそうです。謙虚でなければならないということでしょうか?
Posted by 上河洋介 at 2008年05月28日 11:35
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13277591
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪