Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2008年06月23日

なされるべきことをなす (元気が出る言葉)

何をなしたいか ではなく、何がなされるべきか から考えなければならない。

しかる後に、何が自らの強みに合うかを考えなければならない。

強みでないものを行ってはならない。

他の者に任せなければならない。

リーダーたる者は、自らが成果をあげなければならないことを知らなければならない。

──ピーター・ドラッカー

 

何がなされるべきか?

この問いは、リーダーに対する問いであり、企業に対する問いでもある。

 

ドラッカーは、リーダーが成果を上げるには次の5つの習慣が必要だという。

(1) 時間をマネジメントする。

(2) 貢献に焦点を合わせる。

(3) 強みを生かす。

(4) 重要なことに集中する。

(5) 効果的な意思決定を行う。

 

リーダーが限られた時間の中で成果を出すためには、

余計なことに時間を取られず、貢献できることに焦点を合わせ、

強みであることだけを行い、重要なことに集中することが必要なのだ。

 

このことは、企業にも当てはまる。

経営者の好みを追求するのではなく、その企業がやるべきことに集中すること。

事業の機会を確実に捉え、その企業の強みに経営資源を集中投下すること。

 

言われてみればあたり前のことなのだが、これができるかどうかで、

企業の成長が左右されてしまうのだ。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13287954
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪