Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2008年06月24日

理念を高めつづける (元気が出る言葉)

経営者としてやってきたことは、理念を高めつづける日々でした

──稲盛和夫

 

経営者とて、聖人君子であるわけではなく、最初は物欲の塊から起業するものであろう。

しかし、従業員が増え、取引先が増えるにつれて、みな社会的公器たる自分自身に目覚める。

経営者自身の自己実現を追求するのが経営ではなく、全従業員の物心両面の幸福を追求し、人類社会の進歩発展に貢献することが経営の目的であることに気がつく。

 

さらに、企業を正しく経営し成長させるには、まず経営者の考え方が「人として正しいか」が重要となってくる。

それは、理念、判断基準、または思想、考え方ともよべるだろう。

 

経営者として、理念を高めること。

心を高め、経営を伸ばすこと。

 

それは、すべての経営者に要求される、最低限の責務である。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13288518
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪