Facebookもご覧ください

近頃はフェイスブックに投稿しております。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/kitanaka1

 

2012年08月21日

経営の原点12ヶ条 第6条「値決めは経営」その2

 ■「熟慮を重ねて決められた価格の中で、最大の利益を生み出す努力が必要」

 「値決めと仕入れが連動していなければならない」

 「値決めすると同時に、採算を合わせるために、どうすれば原価を安くできるかということを考えておかねばならない」

 「値決めを行う瞬間に、コストダウンの方法も連動して考えておかなければならない」

 「購買戦略がとれない営業担当に値決めをさせたのでは、とんでもないことになります」

 やはり、安易な値決めがすべてをダメにしてしまいます。値決めには責任が伴います。それは、「値決めを行う瞬間に、コストダウンの方法も連動して考えておかなければならない」のです。
 コストダウンが考えられない、コストダウンの創意工夫ができない人は、値決めをする資格がありません。
 稲盛塾長は「値決めはトップの仕事」ともおっしゃっています。しかし、スリーイーグループは数万点にも及ぶ細かいオフィス用品を扱っていますので、私ひとりが値決めをするわけにはいきません。
 そこで必要なのが「全員で経営する」ことです。「ひとりひとりが経営者」なのです。 ひとりひとりが「値決めすると同時に、採算を合わせるために、どうすれば原価を安くできるかということを考えておかねばならない」のです。
 ここがポイントなのです。単に値段を下げて見積ります、ではダメなのです。値決めと同時にコストダウンを考えるのです。このことを値決めを行う全員が実践することが重要なのです。

 

少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14511466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
少しでもお役に立てましたら、【いいね!】をいただけると嬉しいです♪